各部門の連携が大切

各部門の連携が大切

 

 

病院の中には患者さんに関わる様々な職種がいます。入退院や医療費に関わる事務職、治療方針に沿って治療を行う医師、診療の補助や療養上のお世話を行う看護師、医師の指示の基で投薬を管理する薬剤師、各種検査部門の検査技師、リハビリを行う技士、食事管理を行う栄養士等の一人の患者さんに対してたくさんの職種が関わっています。

 

患者さんがより良い医療を受けて早期に退院を目指して行くためには、これら数多くの職種が同じ目標と価値観を持って一貫した姿勢で患者さんに向き合って行く必要があります。しかし現代の医療現場において、今だに上下関係の存在、職種間での考え方の違いが存在します。
それぞれの職種間において、そこまで意地を張らなくても良いのにと思うこともあれば、もっと互いの情報を共有しあって円滑に物事を進められたら良いのにと思うこともあります。しかし中々簡単には行かないものです。

 

 

 

実際に医療現場で働いていると、医師の判断や指示が絶対であると言う風習は今だに根付いています。医者がそうだと言えばそうなってしまうのです。反対意見は少数意見、異端として扱われてしまうことも多くありません。
患者さんにとってもそうです。今の時代、インフォームドコンセントと言って患者さんにしっかりと説明を行って、患者さんに選択をしてもらうのが一般的とされていますが、医者の意見が一番に反映されてしまうこともあるのです。

 

医療の現場にいる職種はそれぞれが専門職でありそれぞれが異なった分野においてのスペシャリストなのだから、自分達の持つ知識を最大限に使って意見を出しても良いのです。そうしてそれらの意見を総合して患者さんにとって一番良い方法を患者さんと共に選択していけることこそが幸せなことなのです。その為に日頃から連携と言う物を目指しながら各部門とのコミュニケーションをしっかりととって行く必要があるのです。

 

日頃思っていてもなかなか口に出せない看護師の本音がわかると接し方も変わるかもしれません、是非参考に!